カサブランカ(ピンク)|夏に咲く華麗な花

こんな人にオススメ

・優雅な香りの花が好きだ。

・高級な花を部屋に飾りたい。

・カサブランカの事を詳しく知りたい。

はじめに

今年は、カサブランカのピンクを育ててみました。(昨年は、白を育てました)

今回は、より詳しく見ていきたいと思います。

カサブランカの基本情報については、下の記事で紹介しているので参考にしてください。

カサブランカの育て方|大輪の花を咲かせるユリの女王

カサブランカの育て方について解説します。

続きを見る

カサブランカの花が咲くまで

カサブランカは深植えする球根なので(土の中で球根が腐ってないかな)と気がかりで芽が出てくるまで心配でした。(植え付けは10月)

水やりは、土の表面が少し乾いてからやりました。

4月6日;芽が出てきて順調に大きくなっています。ここまで成長すればひと安心です。

 

5月30日;つぼみを付け始めました。

6月7日;つぼみが分かれて大きくなっていきます。

 

6月19日;ここまで成長したら花がいつ咲いてくれるのか、毎日見るのが楽しみになってきました。

カサブランカは1個の球根で、茎が一本しか出ません。
1本の茎に蕾が付くのが2~5個ですが、大輪の花を咲かせてくれます。(大きさは20㎝ほど)

 

花が咲きました

6月29日;すこしづつ咲いています。

ユリの女王と言われるだけあって存在感があります。

つぼみが少しづつ大きくなりながら、色づいていくのを見るのも楽しみの一つです。

 

7月3日;まとめて咲いてくれると、こんな感じです。

花を綺麗に長く楽しみたいので、めしべの花粉を全部取り除いてます。(雨や風で、花粉が花に付くと汚くなるので)

カサブランカの花が咲いているだけで、優雅な気持ちになれます。

ココに注意

・カサブランカの花粉は、手や衣服に付くと取れにくいので、注意しましょう。花粉を取り除く時は、大きめのピンセットを使うと良いですよ。


大輪の花を沢山咲かせるコツ

①まずは、球根選びが大切。
 良い球根:よく太って形の良いもの、ずっしりと重いもの。
 悪い球根:小さなものや変形したもの。傷、カビのあるもの(咲かなかったり、咲いてもつぼみが1~2個しか付きません。)

球根はなるべく深植えに。
カサブランカは、球根の上にも『上根』と呼ばれる根がでるので、特に深く植え付けるのがポイント。
できれば球根の高さの2個分ぐらい、上から土をかぶせると良いです。

 

最後に

見事に咲いてくれて綺麗なので、1本切って花瓶に飾ってみました。

1本だけでも見応えがあり、切り花としても楽しめて凄く満足です。(花持ちは1週間程です)

今回は、カサブランカの成長の様子を詳しく見ていきました。

カサブランカは球根なので、花後に上手く管理できれば、毎年ゴージャスで香りの良い花を楽しむことができますよ。

-球根

© 2021 モルミンの庭