カサブランカの育て方|大輪の花を咲かせるユリの女王

2020年7月24日

こんな人にオススメ

・自分の手で大きな花を咲かせてみたい

・高級なカサブランカを、いつか家に飾ってみたい(球根から育てると安いです)

・せっかくだから、毎年咲かせる方法を知りたい

カサブランカの基本情報

品種カサブランカ (Casa Blanca)
分類ユリ科ユリ属
原産国オランダ 
植え付け球根
サイクル多年草
場所屋外、日当たりの良い屋内
育てやすさ
溢れる気品

カサブランカの特徴

カサブランカは真っ白な大輪の花を咲かせ、その気品のある姿からユリの女王と言われています。

元々は日本の「タモトユリ」が、オランダに渡って改良された品種のため、別名「 オリエンタルリリー(東洋のユリ)」とも呼ばれています。

上手く育てれば毎年キレイな花を咲かせてくれる多年草なので、管理の仕方や球根からの育て方について解説していきます。

 

カサブランカの花言葉

カサブランカには「純粋」「祝福」という意味があります。

結婚式のブーケや飾りに使われる事も多く、世界中の人に愛されています。

 

カサブランカの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料            
開花            

用意するもの

  • カサブランカの球根3個:ずっしりと重く形の良いものを選ぶ
  • 植木鉢(直径30cm程あり深めのもの)
  • 鉢底網
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底網を植木鉢の丸い穴が隠れるようにセットする。
    土を3分の1程入れ、球根の尖った方を上にして並べ上から土をかぶせる。
    植え時は10月~11月。

  2. 春に新芽が出てきたときと、夏に花が咲き始めた頃に、根元の近くに液体肥料を与える。

  3. 大きな花が咲くので、茎が折れたり真っ直ぐに伸ばすためには、大きくなってきたら支柱で支える。

  4. カサブランカの花が咲いたら、中にオレンジ色の花粉があるので、早めに花粉を取り除く方が花をきれいに鑑賞できる。

ココに注意

・カサブランカは強い日差しが苦手なので、半日陰に置いてください。
・乾燥しないように土の表面が乾いたら、たっぷりと水をやってください。


来年も咲かせるためには

花は咲き終わったら自然に落ちるので、花の付け根からハサミで切り取り、茎は自然に黄色くなるまで切らずに野外で管理します。

この時、茎も短く切ってしまうと土の中で球根が大きく育ちにくくなるので注意。

茎が黄色になってきたら根元からカットして土に植えたまま冬を過ごさせます。

花が終わった後の水やりは乾燥させない程度にやります。

 

最後に

カサブランカは花瓶に活けてアレンジすれば部屋を美しく飾ってくれます。

管理も比較的しやすいので球根から育てて、花が咲いたときの喜びを味わって欲しいです。

 

-球根

© 2021 モルミンの庭