ミニトマトの育て方|家庭菜園で人気No.1のミニトマトを食卓に!

2020年8月16日

ミニトマトの基本情報

品種ミニトマト(トゥインクル)
分類ナス科ナス属
原産国ペルー、エクアドル
植え付け
サイクル一年草(ワンシーズン)
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
家計助かり度

ミニトマトの特徴

ミニトマトは、たくさんの種類があります。

アイコ、ミニキャロル、トマトベリーガーデン、トゥインクル など

(それぞれに特徴が違います。私は今回ブドウのようにたくさん実ると言うので、トゥインクルを選びました。)

たくさんの房状の実が付きますが、先に熟したものから、順次収穫します。
開花後、50日前後で収穫できるようになります。

日当たりの良いベランダ、玄関まわりなどで、プランターを置く少しのスペースで野菜作りが楽しめます。

ミニトマトの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料            
収穫            

用意するもの

  • ミニトマトのポット苗(トゥインクル) 2株 (葉の緑が濃く、花芽がついている苗を選ぶ)
  • プランター(縦30cmX横60㎝の深さ30㎝以上のもの)
  • 野菜用の培養土

育て方

  1. プランターに土を3分の2程入れ、苗と同じくらいの穴を開ける。

  2. 苗、1つ分くらいの間隔を開けて植え付ける。空いてる所に土を補充して、株元を軽く押さえる。

  3. 植え付け後はたっぷりと水をやる。

  4. 雨が直接当たるのと多湿を嫌うので、雨が直接当たらない所に置くと良い。

ココに注意

・水が少ないと必要な養分が吸収できずに、病気のリスクも高くなります。
・水のやりすぎは駄目ですが、土が乾いたらしっかりとやりましょう。


支柱の立て方と脇芽摘み

植え付け後2~3週間後、苗が伸びてきたら、1.5mくらいの支柱を立てます。

茎が折れたり.苗が倒れたりしないように支柱で安定させます。

脇芽は、主枝だけを伸ばす1本仕立てにし、脇芽は摘みとります。

ココに注意

・栄養分が分散しないように脇芽は早い目に手で摘み取ります。


最後に

ミニトマト(トゥインクル)は、植えて2ヶ月ほどで収穫できて、家計も助かるすごいやつです。

育てるのも簡単で、小学校などでもよく栽培されているほど。

ただし初めての家庭菜園でたくさん収穫しようと思うとハードルが高くなるので、「最初は少しでもできたらいいな」くらいの気持ちで楽しみましょう。

 

-果実

© 2021 モルミンの庭