家庭菜園(番外編)|うまく育たなかった野菜たち

こんな人にオススメ

・家庭菜園の事を色々知りたい。

・野菜を育てるのは難しい。

・失敗談を教えて欲しい。

はじめに

今回は、家庭菜園で上手く育たなかった野菜の話です。

最初は順調だったのに、途中から大きく育たなかったり、苗の段階で枯らしてしまったり、色々の失敗を重ねてきました。

家庭菜園は、まだまだ勉強中ですが、私の失敗談が、これから育てる方の少しでも参考になればいいなと思います。

芽キャベツ

まずは、芽キャベツです。

芽キャベツの苗を2株購入してすぐに植えました。

直径18cmの植木鉢しかなかったので、少し成長してから別々の鉢に植え替えるつもりでした。

少しキャベツらしく成長してきたので、そろそろ植え替えようかと思います。

植え替えて1株ずつにしました。
芯が大きくならずに芽キャベツらしいのが出てきましたが、これで成長がストップしてしまいました。
(高さ30~50㎝に株を大きく育てたかったのですが、無理でした)

画像は大きく映っていますが、直径3cmに成長して欲しい芽キャベツが、5㎜くらいの大きさです。

失敗した原因:肥料をやるタイミングと植え替えをするのが遅すぎたようです。
置き場所も大切で日当たりが良くなかったのも、成長しなかった理由だと思います。

ホームタマネギ

続いては、ホーム玉ねぎです。
『球根で作れるお手軽野菜』と書いてあったので育ててみました。

15個ほどの球根があったので、65㎝のプランター4つに分けて植えましたが、収穫時期に残っていたのは画像の5ケだけです。
しかも、直径3~4㎝と小さいのばかり。

失敗した原因:少ししか収穫できなかったのは水のやりすぎと、水はけの悪い土によって球根が腐ってしまったと思います。
肥料をやるタイミングも解っていなくて、地上に出ている葉ばかりが育ってしまいました。

ブロッコリー

最後にブロッコリーです。

ブロッコリーは、頂点にできる花のつぼみをたべますが、失敗したのは収穫後です。

大きいつぼみを収穫後、2週間以上様子を見ていましたが、周りから小さなつぼみが出てこないので、根っこから抜いてしまいました。

土が付いたまま放置していたら、周りからつぼみが出てきて、慌ててもう一度植え直しました。(少し枯れていました)

 

なんと、駄目だと思っていたのが復活しました。(上の切り口は、大きくなったブロッコリーを収穫した後です)

こちらのブロッコリーも、1度抜いてから再び植え直したものです。

少し枯れて黄色になっていたのに、復活してたくさんつぼみを付けてくれました。

根っこに近い下の部分で折れ曲がっているのに、しっかりと根を張ってくれました。(凄い根性ブロッコリーです)

失敗した原因:周りからもつぼみが出てくる品種だと知らずに抜いてしまったことです。


最後に

家庭菜園を成功させるポイントをまとめてみました。

ここがポイント

・最初は早く収穫できる野菜を選んでハードルの低いのから始める。(種から育てる葉っばなど)
・苗や種に合うプランターや植木鉢を選ぶ。
・肥料や水を与えるタイミングも大切。(植物によって違う)
置き場所も重要。(日当たり、風通し)

野菜が収穫できた時の喜びと、自分で育てた野菜の味は格別です。

失敗を恐れずに挑戦してみてくださいね。

-果実, 根菜

© 2021 モルミンの庭