キンモクセイの育て方|甘い香りを放ち、秋の訪れを知らせてくれる

2020年10月22日

こんな人にオススメ

・花の香りで季節を味わいたい。

・毎年、咲くのを楽しみたい。

・丈夫で育てやすい花木が知りたい。

キンモクセイの基本情報

品種キンモクセイ(金木犀)
分類モクセイ科モクセイ属
原産国中国
植え付け苗木
サイクル多年草
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
香りの良さ

キンモクセイの特徴

キンモクセイ(金木犀)は、9~10月になるとオレンジ色の花を枝に密着させて咲き、甘い香りを放ちます。(数m離れていても香りが漂ってきます)

日本では、芳香剤としてよく知られていますよね。

キンモクセイの園芸品は少なく、仲間にギンモクセイヒイラギモクセイなどがあります。

鉢植え、地植えでも育てることができます。

キンモクセイの花言葉

キンモクセイの花言葉は「謙虚」「気高い人」」です。

甘く素晴らしい香りがあり、数メートル離れていても、いい香りがするのに花は1㎝程小さいです。
そんなところから、謙虚の花言葉が生まれたのかもしれませんね。

キンモクセイの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料            
開花            

用意するもの

  • キンモクセイの苗木 1株:しっかりと根がついていて、葉が濃い緑色のもの
  • 植木鉢(直径30cm以上の大きな鉢)
  • 鉢底網
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底網を植木鉢の丸い穴が隠れるようにセットし、鉢底石を3㎝程入れる。

  2. 2分のⅠほどの土を入れて、苗木の根を崩さないようにして植える。

  3. 空いてる隙間に土を補充し、水をたっぷりと与えて、日当たりの良い場所に置く。

  4. 剪定せんてい);秋の開花後が終われば剪定をする。
    込み合っている枝を間引く
    ②枝先を2~3節残して切り詰める



ココに注意

・キンモクセイは移植を嫌うので、頻繁に植え替えない方がいいです。
・最初から、苗木の2回りくらい大きな鉢に植えましょう。

来年も咲かせるためには

キンモクセイは、暖地を好み寒さにはやや弱いので、霜が降りるような場所では、あまり育ちません。

日陰でも育ちますが、花つきを良くしたいのであれば、日当たりのか良い場所か半日陰の場所が適しています。

 

最後に

私がキンモクセイから連想するのは[和]でした。

お酒を入れる器にキンモクセイ(金木犀)を飾ってみたら、何だかいい感じになりました。


-多年草

© 2021 モルミンの庭