バコパ(ステラ)|横に広がって増えていき、冬の寄せ植えにも最適

バコパの白い花が、愛らしく咲いています。

バコパ(ステラ)の基本情報

品種バコパ(ステラ)
分類オオバコ科ステラ属
原産国アフリカ
植え付け
サイクル多年草
場所日当たり、風通しの良い屋外
育てやすさ
おすすめ度

バコパ(ステラ)の特徴

バコパは直径1cm程の小さな花が次々と咲き、冬の花が少ない季節も楽しめます。

寒さには強いですが、霜には当てない方が花が多く咲いてくれます。

ほふく性なので横に広がって成長していき、高さは5~20cm程です。

花色:白、ピンク、紫

バコパ(ステラ)の花言葉

バコパの花言葉は、「小さな強さ」(丈夫で、茎をどんどん伸ばして小さな花を次々と咲かせる事から)

         「心が和む」(優しい花の色合いで、可愛らしい花姿から)

バコパ(ステラ)の育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料            
開花            

用意するもの

  • バコパの苗 1株:株がしっかりしていて、つぼみが多く付いているもの
  • 植木鉢(直径18cm以上あるもの)
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底石を植木鉢の底に敷いて、土を半分程度入れバコパの苗を置き、隙間に土を補充する。

  2. 鉢の底から出るくらい水をたっぷり与えて、日当たりの良い場所で管理する。

  3. 花がらは、こまめに取る。

  4. 花姿が乱れてきたら、切り戻しをする。

ココに注意

・秋から春は日当たりの良い場所に置き、夏は半日陰で風通し良く管理しましょう。
・一年中、雨には当てないで育てるようにしましょう。



バコパ(ステラ)の増やし方

ここがポイント

挿し木で増やせる。
春か秋に株元の枝を切って、水につけてしっかり吸水させてから、植えつけます。

・6~9月に切り戻しをする⇒花数を増やしたいなら
コツとしては、短く切りすぎると枯れしまうので、各枝に緑の葉が少し残る程度の長さに枝を残すようにすると良いです。
(バコパは蒸れに弱いので、切り戻しをすることで防ぐことができます。)

最後に

バコパは、上手に夏越しができると周年花を楽しむことができます。

茎が柔らかく枝を垂れて育つので、寄せ植えの端に植えて、鉢の縁から垂らして育てるのもお勧めです。

 

スポンサーリンク

-多年草

© 2022 モルミンの庭