キンギョソウ|ふんわりとした愛らしい花

こんな人にオススメ

・個性のある花が好きだ。

・花言葉が知りたい。

・せっかくだから、長く花を楽しみたい。

キンギョソウの基本情報

品種キンギョソウ
分類オオバコ科キンギョソウ属
原産国南ヨーロッパ、北アフリカ
植え付け
サイクル1年草
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
オススメ度

キンギョソウの特徴

キンギョソウは、ふわふわの花が茎の先に連なって咲きます。

夏は高温多湿にならないように注意して、直射日光が当たらない場所で管理します。
冬は霜には当てない方が良いです。

別名:スナップドラゴンと言われています。

高さ:20~120cm

花色:白、赤、黄色、ピンク、オレンジなど

キンギョソウの品種

沢山の品種がありますが、主なのを紹介します。

ソネット 高さ40cm程で、ボリュームがある花穂が魅力。花もちが良く、切り花にも向く。

ランピオン ほふく性。花が鉢の縁から、こぼれ落ちるように咲き広がる。

フローラルシャワー 高さ20cmの小型種。まとめて花壇に植えるのに良い。

 

キンギョソウの花言葉

キンギョソウの花言葉は「おしゃべり」「おせっかい」「出しゃばり」「大胆不敵」です。

長い花穂につく膨らんだ花が、金魚が口を開けたように見える事からついた名前です。

花言葉も、花が口の形に似ていることが由来です。
可愛い花を咲かせるのに、花言葉が悪すぎますよね。

キンギョソウの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料  月1回    月1回 
開花            

用意するもの

  • キンギョソウの苗 3株:全体が締まっていて下葉が黄ばんでないもの
  • 植木鉢(直径18cm以上のもの)
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底石を植木鉢の底に敷いて土を入れる。
    キンギョソウの苗をバランスよく置いて、隙間に土を補充する。

  2. 水をたっぷり与えて、日当たりの良い場所で管理する。(少し乾燥気味に育てる)

  3. 花がら摘みをマメに行なう。

  4. 株が混みあってきたら切り戻す。(風通しを良くするために)

ココに注意

・肥料をやりすぎると、葉ばかりがヒョロヒョロと伸びてしまうので、気をつけましょう。


キンギョソウが枯れる原因は?

以前私は、何の知識もなくて失敗し、キンギョソウが上手く育たなかった事がありました。
思い当たることがあれば、改善してみましょう。

・苗を植えつける時に、根をほぐしてしまった。⇒根を触らないように注意して植えましょう。

・花に直接水をかけている。⇒水やりは株元にそっと与えましょう。

・花がらを摘み取っていない。⇒こまめに摘み取りましょう。茎が細いので、取り除く時は気をつけてくださいね。(私は、誤って茎ごと折ってしまいました)

 

最後に

キンギョソウは見た目は繊細ですが、初心者でも丈夫で育てやすい花です。

開花期間が長くて色のバリエーションも豊富なので、寄せ植えにして楽しんでもらえたらなと思います。

-1年草

© 2021 モルミンの庭