ラベンダー|強い香りを漂わせる人気のハーブ

こんな人にオススメ

・香りのある花が好きだ。

・ハーブに興味がある。

・育てやすい花が良い。

ラベンダーの基本情報

品種ラベンダー
分類シソ科ラベンダー属
原産国オランダ 
植え付け
サイクル多年草
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
香りの良さ

ラベンダーの特徴

ラベンダーは細くまっすぐな茎の先に、青紫色の小花を咲かせるのが特徴のハーブです。

『ハーブの女王』と呼ばれていて、いろんな芳香剤が出回っているので、利用している人も多いかと思います。

高さ:30~100cm

花色:紫、薄紫、白

種類:イングリッシュラベンダー(今回育てた植物)、フレンチラベンダー、レースラベンダーなど

上手く育てれば毎年花を咲かせてくれる多年草です。
詳しく見ていきましょう。

ラベンダーの花言葉

ラベンダーの花言葉は、
「沈黙」香りに精神安定効果があるのに由来している

「疑惑」不思議なほどに強い香りがすることから

「期待」「あなたを待っています」少年に恋を告白できない少女が待ち続けたあと、一輪の花になってしまったと言うヨーロッパの伝説から

 

ラベンダーの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料  月1回        
開花            

用意するもの

  • ラベンダーの苗 1株:しっかりした苗で、つぼみが沢山ついているもの
  • 植木鉢(直径15cm程あるもの)
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底石を植木鉢の底が隠れるくらい敷いて、土を2分の1程入れてラベンダーの苗を置く。(根を傷つけないように注意しながら)

  2. 隙間に土を補充して、水をたっぷり与えて風通しの良い場所で育てる。

  3. 剪定:夏前にすると良い(咲き終わった花を花茎ごと切る)
      ・蒸れが苦手なので風通しを良くするため
      ・形を整えて元気に成長させるため

ココがオススメ

・剪定後のラベンダーは、捨てないで花瓶に入れておくだけで、しばらくいい香りが楽しめます。


長く綺麗に咲かせるコツ

ラベンダーは、やや乾燥気味に育てます。土も水はけの良いものがベストです。

雨が多い梅雨時期は、軒下などに。
真夏は涼しい場所に移動させるか日よけをしてやると、株が弱るのを防ぐことができます。

苗は年中出回っていますが、春に購入した方が管理がしやすいです。

 

最後に

ラベンダーは、優雅でリラックス効果のある香りのハーブとして人気があるので1度育ててみたかったんです。

ヨーロッパでは、古くからお風呂や衣類の香りづけにも利用されています。

花持ちは2~4日ほどなので少し残念ですが、育てやすくて香りを楽しめるのでオススメです。

-ハーブ

© 2021 モルミンの庭