コデマリ|小さな花が集まって咲き、手まりのようです。

コデマリは小さな花が集まって咲き、手まりのように見えます。

コデマリの基本情報

 

品種コデマリ
分類バラ科シモツケ属
原産国中国
植え付け
サイクル多年草
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
おすすめ度

コデマリの特徴

コデマリは、江戸時代から愛され続けている花木です。

株元から細かい枝を次々と出して、株全体が大きくなっていき、暑さ、寒さに強いです。

高さ:1~1m50cm

別名:「テマリバナ」

本来花が咲くのは、4~5月ですが、今は寒い時期から花が咲いている苗が出回っているので、早くから楽しめるようになりました。

コデマリによく似た花

コデマリによく似た花に「オオデマリ」がありますが、花の形が似ているだけで違う品種です。

コデマリはバラ科、オオデマリはスイカズラ科。

見た目の違いは、オオデマリの方が、花が少し大きいです。

コデマリの花言葉

コデマリの花言葉は、「優雅」「上品」です。

小さな花が集まった様子が品が良く、優雅な手まりに見える事から付けられました。

切り花としても人気があります。

コデマリの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料            
開花            

用意するもの

  • コデマリの苗 1株:枝数が多くつぼみがついている、しっかりしたもの
  • 植木鉢(直径18cm以上あり深めのもの)大きく成長するため、スペースがあれば地植えでも良い。
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底石を植木鉢の底が隠れるように敷いて、土を半分程度入れ、コデマリの苗を置く。
    隙間に土を補充して、水やりをする。

  2. 日当たりの良い場所で管理する。

  3. 花がらは、こまめに摘み取る。

  4. 剪定をする(5月~6月)

  5. 挿し木でも増やせる。(3月頃に新しい枝を15cm程カットして、数時間水につけた後、土に刺しておくと1ヶ月程で芽や根がでる)

ココに注意

・コデマリは夏が過ぎて肥料をやると、枝だけが伸びて花芽ができにくくなるので、夏以降は与えないようにしましょう。


コデマリの剪定

コデマリは花が終わった後の剪定が、次の花を綺麗に咲かせるコツになるので大切です。

ポイントが解れば難しくはないので、やってみましょう。

ここがポイント

・剪定は花が終わった後、すぐにしましょう。

・枝の途中で切るような剪定は駄目で、混んでいる古い枝を取り除いていく感じです。

・秋ぐらいに、新しい枝が少し垂れ下がるようにイメージをして仕立てると良いと思います。



最後に

コデマリは、以前から気になっていた植物ですが、大きく育つので、直接土に植えるスペースがないため迷っていました。

今回は鉢植えで、こじんまりも良いかなと思い育ててみようかと思います。

植木鉢なら株が増えてくるため、2~3年にⅠ度はⅠ回り大きな鉢に植え替えるのが良いです。



スポンサーリンク

-多年草

© 2022 モルミンの庭