ネメシアの育て方|ミルキーピンクの繊細なかわいい花がたくさん咲く

2020年11月15日

こんな人にオススメ

・ふわっとした優しい色合いが好き。

・開花期間が長い花を楽しみたい。

・育てやすい花が一番。

ネメシアの基本情報

品種ネメシア
分類ゴマノハグサ科ネメシア属
原産国南アフリカ
植え付け
サイクル多年草
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
可愛いらしさ

ネメシアの特徴

ネメシアは成長が旺盛で、パステルカラーの繊細な花を花茎の先にたくさん咲かせます。

育てているのは[ネメシアメロウ」という丈夫な宿根草タイプの寒さにも強い品種です。

ネメシアは、ネメシアメロウ、ネメシアメーテル、ネメシアブルーなどたくさんの品種があります。

ネメシアの花言葉

ネメシアの花言葉は「包容力」「偽りのない心」「過去の思い出」「正直」です。

かわいい小さな花は、キンギョソウの花にも似ていますね。


ネメシアの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料月 1 回  月 1 回
開花            

用意するもの

  • ネメシアの苗 1株:苗がしっかりしていて、つぼみが多く付いているもの
  • 植木鉢(直径10cm以上あるもの)
  • 鉢底網
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底網を植木鉢の丸い穴が隠れるようにセットし、鉢底石を植木鉢の底が隠れる程度に入れる。

  2. 土を2分の1程入れて、苗を置き周りの隙間に土を補充する。

  3. 水をたっぷりと与えて、日当たりの良い場所に置く。(水が花にかかると、しぼんでしまうので、水は株元にかける)

  4. 花数が少なくなってきたら、茎を半分程度に切り戻す。

  5. 暑さには弱いので、夏の置き場所に気をつける。(風通しの良い軒下などが良い)

ココに注意

・日に当たらない場所で育てると、茎が間延びして倒れやすくなるので注意しましょう。
・湿気に弱いので、少し乾燥気味に育てましょう。


来年も咲かせるためには

日当たりが良く風通しの良い場所で育てて、梅雨時期は雨の当たらない場所に移動させましょう。

冬は、生育がにぶくなるので、水やりの回数を減らしましょう。

上手く環境が合えば、夏以外は開花し続けてくれます。

1年に1度新しい土を入れたり、大きくなったら一回り大きな鉢に植え替えましょう。(植替えは夏以外にするのが良いです)

最後に

ミルキーピンクの花びらが、風に揺れる姿は可愛いです。
柔らかなやさしい花色を見ていると、気持ちがほっこりしてきます。

何とも言えない優しい色合いが気に入って購入したんですが、育てやすくて長い期間花を咲かせてくれるので、満足度2倍になりました。

-多年草

© 2021 モルミンの庭