サザンカ(山茶花)|大きな花と鮮やかな花色が印象的

2021年12月15日

サザンカは、大きな花と鮮やかな花色が印象的です。

こんな人にオススメ

・親しみのある花を育てたい。

・鮮やかな花が好きだ。

・管理の仕方を教えて欲しい。

サザンカの基本情報

品種サザンカ(山茶花)
分類ツバキ科ツバキ属
原産国日本
植え付け
サイクル多年草
場所日当たりの良い屋外、日陰
育てやすさ
おすすめ度

サザンカの特徴

サザンカは、枝の先端付近に花を咲かせ、秋の終わりから冬の初めの花として親しまれています。

ツバキの花によく似ていて、5cm程の花を咲かせます。

花色:白、ピンク、赤

高さ:2m~6m

サザンカと椿の違い(見分け方)

サザンカは見た目はツバキに似ているので、私も最初は区別がつきませんでした。

一番わかりやすいのは、花の散り方、開花時期
・サザンカ ⇒花びらが1枚1枚バラバラに落ちる。(10月~12月に咲く)
・ツバキ  ⇒花が丸ごとそのままの状態で落ちる。(11月~3月に咲く)

他には葉の形状のギザギザが、サザンカの方が深いです。

サザンカの花言葉

サザンカの花言葉は、「困難に打ち勝つ」「ひたむきさ」です。

寒さが強まる冬に花を咲かせる事から、辛さを乗り越えてひたむきに咲いているところからきています。

 

サザンカの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料            
開花            

用意するもの

  • サザンカの苗 1株:しっかりものを選ぶ
  • 植木鉢(直径30cm程あり深めのもの)大きく成長するので、場所があれば直接土に植えても良い。
  • 鉢底石
  • 市販の土(水はけの良いもの)

育て方

  1. 鉢底石を植木鉢の底に敷いて、土を半分程度入れてサザンカの苗を置く。(肥料も一緒に土に混ぜておく)
    隙間に土を補充して、株元を手で押さえる。

  2. 水をたっぷり与え、管理する場所に置く。(日陰でも育つ)

  3. 花がら摘みは、早めに子房ごと切り取る。(子房は花の中心にあり、膨らんでいるところ)

  4. 追加の肥料は、花が終わってから2~3月くらいに与える。(ゆっくりと効く肥料が良い)

ココに注意

・大きく成長するので最初から大き目の鉢で植えましょう。
・花が終わるまで、肥料の追加はしなくて大丈夫です。


来年も咲かせるために

3月に剪定を行い、伸びた枝を切り落として、肥料も与えます。

増やしたいとき: 6月~8月に伸びた枝から10~20cm枝を切り取り、先を水につけて水揚げをして清潔な土にさします。

 

最後に

サザンカは寒い時期に、鮮やかな色の花を咲かせてくれます。

本来は大きくなるので、土に直接植えが良いと思いますが、鉢植えで剪定をしながらコンパクトに育てるのも良いかと思います。

スポンサーリンク

-多年草

© 2022 モルミンの庭