コンロンカ(ホワイト)|白いガクと黄色の可愛い花が特徴

2021年8月28日

こんな人にオススメ

・個性のある花姿が好きだ。

・花言葉を知りたい。

・増やす方法を教えて欲しい。

コンロンカの基本情報

 

品種コンロンカ
分類アカネ科コンロンカ属
原産国アフリカ、アジア
植え付け
サイクル多年草
場所日当たりの良い屋外、冬は屋内
育てやすさ
おすすめ度

コンロンカの特徴

コンロンカは、白い花に見えるのはガクで、中心に黄色い星形の小さな花を咲かせます。

暑さには強いですが、寒さには比較的弱いです。

花色:白、赤、ピンク、黄色

高さ:50~200cm

種類:ヒコロモコンロンカ(赤いガクが特徴)
   クィーン・シルキッド(ピンクの枝先に多くつく)

 

コンロンカの花言葉

コンロンカの花言葉は、「神話」です。

花言葉は、恋愛に関連するのが多いイメージなので、変わった花言葉だなと思いました。

花名は、中国の伝説の山である「崑崙山」(こんろんざん)からです。
花言葉の「神話」も、そこから生まれました。

コンロンカの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料            
開花            

用意するもの

  • コンロンカの苗 1株:葉が緑色でしっかりとしたもの
  • 植木鉢(直径20cm程のもの)
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底石を植木鉢の底が隠れるくらい敷いて土を入れる。
    ポットから苗を取り出して、底の根を軽くほぐして置く。

  2. 空いている隙間に土を補充して、水をたっぷり与えて、日当たりの良い場所で管理する。

  3. 枯れた花は切り取る。

  4. 剪定;4~5月、9~10月に半分程度の高さまで切る。
    (夏は、枝を切りすぎると花が咲かなくなるので注意)

ココに注意

・寒さには弱いので、冬は室内で育てましょう。

室内に入れる前に、枝を整えておきます。



コンロンカの増やし方

さし木で増やせます。

6~8月に枝を2節ずつほど切って、柔らかく新しい土にさします。

根が定着するまでは、涼しい所で管理する方がいいかと思います。

最後に

コンロンカは上手に育てると、年々大きく成長していきます。

別名:「ハンカチの花」とも呼ばれています。
ガクの白いのが、白いハンカチに似ているからだそうです。

 

-多年草

© 2021 モルミンの庭