サクラソウ(桜草)|日本の気候風土に合っていて、花は美しく清楚な感じ

サクラソウ(桜草)は、日本の気候風土に合っていて、花は美しく清楚な感じです。

サクラソウの基本情報

品種サクラソウ(桜草)
分類サクラソウ科サクラソウ属
原産国日本
植え付け
サイクル多年草
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
おすすめ度

サクラソウの特徴

サクラソウは、原産国は日本で、日当たりの良い所で湿り気のある土を好みます。

寒さには強く暑さには弱いため、夏は葉が黄色になり、花も無くなりますが根は生きています(休眠しているだけなので、秋に復活してくれるまで楽しみに待ちましょう)
⇒品種によっては花が咲く時期や育て方も少し違うので、注意して育ててくださいね。

高さ:15~40cm

花色:白、ピンク、紫

サクラソウの花言葉

サクラソウの花言葉は、「初恋」「自然の美しさを失わない」「純潔」「あこがれ」です。

好感が持てる花言葉ばかりですね。

サクラソウの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料            
開花            

用意するもの

  • サクラソウの苗 1株:株元が混み合ってないものを選ぶ
  • 植木鉢(直径15cm以上のもの)
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底石を植木鉢の底に敷いて、土を半分程度入れサクラソウの苗を置く。

  2. 隙間に土を補充して水をたっぷり与え、日当たりの良い場所で管理する。

  3. 花が終わったら、こまめに花がら摘みをする。(摘み取ることで、新しい花芽がつきやすくなる)

  4. 植替えは10月~2月にする。

  5. 5月の開花後から秋にかけて涼しい場所に置く。

ココに注意

・冬の水やりはなるべく午前中に済ませましょう。遅い水やりは、土の中に残った水が凍って根を腐らせてしまうことがあるので。


サクラソウの増やし方

サクラソウは、株分けで増やすことができます。

①植えている鉢から株を取り出し、古い土を丁寧に取り除きます。

②株が自然と別れてくれるところを切り取って、別の鉢に植え付けます。

まれに、こぼれ種から発芽することもあるようです。

最後に

サクラソウは、花色が綺麗なので庭を明るくしてくれます。

日当たりの良い場所に置いていたのですが、細い茎が強い風によって2本も折れてしまってました。
風の強い日は、軒下などに移動させてあげた方が良かったと思います。

 

スポンサーリンク

-多年草

© 2022 モルミンの庭