ペチュニア|成長が早くて育てやすく、初心者にもおすすめ

こんな人にオススメ

・初心者でも育てやすい花が知りたい。

・王道の花を育てたい。

・たくさんの花を咲かせたい。

ペチュニアの基本情報

品種ペチュニア
分類ナス科ペチュニア属
原産国南アメリカ
植え付け
サイクル1年草
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
人気度

ペチュニアの特徴

ペチュニアは、花壇や鉢植えなどで良く見かける人気の花です。

花色は、赤、ピンク、青、紫、白、黄色などで、咲き方は一重咲き、八重咲きがあります。

品種も豊富で、「バカラ」「サファニア」「ファンタジー」などが人気。
サファニアは、よく出回っているので知っている人も多いかなと思います。

高さは、10~30㎝で寒さには弱いですが、暑さには強く上手く育てれば6ヶ月以上花を咲かせることができます。

湿気には弱いので、雨の当たらない所で管理した方が良いです。

ペチュニアの花言葉

ペチュニアの花言葉は「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心の安らぎ」です。

素敵な花言葉ですね。色別で特別な花言葉の違いは無いようです。

ペチュニアの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料  月2回  
開花            

用意するもの

  • ペチュニアの苗4株:葉が緑色でつぼみが多くついているもの
  • 植木鉢(直径20cm程あるもの)
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底石を植木鉢の底が隠れるくらい敷き、土を2分の1程入れて、ペチュニアの苗を間隔をあけて置く。

  2. 隙間に土を補充して、株元を軽く手で押さえておく。

  3. たっぷりと水を与え、日当たりの良い場所に置く。

  4. 花がら摘みをこまめにする。

ココがポイント

・1年を通じて害虫が発生していないか注意して見ましょう。
・花が咲く前から肥料をやりすぎると、葉ばかりが成長して花が咲きにくくなるので気をつけましょう。



たくさんの花を咲かせるコツ

ペチュニアは、傷んだり黄色くなった葉をこまめに取り除くと良いです。(灰色かび病の発生を防ぐことができて、株を健康に保てます)

夏に花姿が乱れたら、3分の1程に切り戻しをします。(花芽まで切ってしまわないように)

花が咲いてる期間中は、月2回液体肥料を水の代わりに与えます。

日なたで育てた方が、花が沢山咲いてくれます。

さし芽で増やそう

切り戻した時の枝を利用して、さし芽で増やすことができます。

①枝を7㎝ほどにカットして葉を2~3枚残して半日ほど水につけておく。
②新しい土に刺して半日陰で管理する。
③根が付いたら、日なたで育てる。

最後に

購入して、すぐに植えつけました。
つぼみがたくさん付いていて元気な苗を選びました。

植えてから20日後です。花が増えてきました。
(私は、ひらひらとした花びらが大好きです)

ペチュニアは、開花期間も長く初心者でも育てやすい花です。

花も、大輪咲き~小輪咲きがあり花色も豊富なので、毎年違う品種を育てても楽しいと思います。

 

 

 

-1年草

© 2021 モルミンの庭