ミニバラの育て方|愛と美の象徴として贈り物にも人気の花!

2020年9月10日

こんな人にオススメ

・花を見て優雅な気分になりたい。

・場所を取らないで楽しみたい。

・繰り返し咲いてくれる花が良い。

ミニバラの基本情報

品種ミニバラ
分類バラ科バラ属
原産国

デンマーク 北アメリカ 

植え付け
サイクル多年草
場所風通しと日当たりの良い場所
育てやすさ
優雅さ

ミニバラの特徴

ミニバラとは、バラの中で小輪咲きし、葉も小さく丈も大きくならない系統を言います。

環境が合えば、春から秋にかけて繰り返し咲いてくれます。一度咲くと花もちもいいですよ。

落葉性の低木で、多くは葉や茎にトゲを持っているので、気を付けましょう。

上手く育てれば、毎年優雅な花を咲かせてくれる多年草なので、管理の仕方や育て方について解説していきます。

ミニバラの花言葉

ミニバラの花言葉は「無意識の美」「果てしなき愛」「特別の功績」です。

『愛情』『情熱』  ☆『純粋』『尊敬』  
ピンク『満足』  ☆オレンジ『無邪気』

古くから気持ちを伝えるために、花束のプレゼントなどにもよく利用されますが、色別で花言葉の意味が違うので、贈るときは気を付けましょう。

 

ミニバラの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料            
開花            

用意するもの

  • ミニバラの苗 1株 :葉が生き生きとした健康的な苗を選ぶ
  • 植木鉢(直径15cm程あり深めのもの)
  • 底軽石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底網を植木鉢の丸い穴が隠れるようにセットする。

  2. 鉢の縁から1~2㎝下がる程度をイメージして、土をいれる。
    ミニバラを置いて、隙間に土を補充する。

  3. 根元付近に水をたっぷりと与える。(夏は一日に一回。冬は2~3日に一回くらいの水やりを目安に)

  4. 日の当たる玄関先や軒下に置く。

ココに注意

 
・土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えますが

何度もやりすぎると、根が腐ってしまうので気を付けましょう。

 

剪定と休眠期について

春から秋にかけては、花後は剪定をしましょう。(難しく考えなくても大丈夫です。)

花が咲き終わったら、5枚葉のすぐ上で茎を切ります。

10月~11月の花後だけは剪定はしないようにしましょう。

冬はミニバラは休眠期に入ります。:日照量が少ない時期なので、花が咲かないのです。

春に一気に花を咲かせるための大切な準備期です。(楽しみに待ちましょう)

最後に

新しく咲いたミニバラは茎も細くて、強風で折れそうだったので、思い切ってカットしました。

小さな器に少量の水を入れて飾ってみたら、すごく可愛くてお気に入りになりました。

水は少なめに、なくならない程度の方が、花が長持ちしますよ。

ミニバラは、色も品種も豊富なので、お好みのミニバラを選んで購入してくださいね。

 

-多年草

© 2021 モルミンの庭