ヒヤシンス|花色のバリエーションと強い甘い香りが人気

2021年3月9日

こんな人にオススメ

・パステルカラーの花色が好き。

・ヒヤシンスの水栽培をしてみたい。

・鉢植えと水栽培を比べてみたい。

ヒヤシンスの特徴

ヒヤシンスは、秋に植えて春に花が咲く球根植物です。

高さ20~30㎝の花茎の先に小花がたくさん集まって大きな花を咲かせ、花色は赤、白、紫、ピンク、黄色などです。

花が大きく水栽培にも向くダッチ系と小花で群植え向きのローマ二系があります。

 

ヒヤシンスの栽培について

ヒヤシンスは、土に植えるだけでなく手軽な水栽培も楽しめます。

今回は、土栽培と水栽培を同時にしてみました。

まずは、共通していることから話を進めていきます。

ヒヤシンスの基本情報

品種ヒヤシンス
分類ユリ科ヒヤシンス属
原産国西アジア、ギリシア
植え付け球根
サイクル多年草
場所屋外、日当たりの良い屋内
育てやすさ
甘い香り

ヒヤシンスの花言葉

ヒヤシンスは、花の色によって花言葉が違います。

では、色別に見ていきましょう。

 「嫉妬」 

本当に嫉妬してしまうほど、鮮やかで美しい花姿ですね。      

白 「控えめな愛らしさ」

純白は、みんなに愛される色ですね。

「悲しみをこえた愛」

紫の色合いも花言葉も素敵ですね。

ピンク「しとやかな可愛らしさ」

控えめな花色にピッタリですね。

黄色「あなたとなら幸せ」

幸せの色ですね。

ヒヤシンスの土栽培(鉢植え)

ここからは、ヒヤシンスの土栽培についてです。

作業時期


時期1月23456789101112月
植え時            
肥料   月1     月1回 
開花            

用意するもの

  • ヒヤシンスの球根3個:重く形の良いものを選ぶ
  • 植木鉢(直径24cmのもの)
  • 鉢底石
  • 市販の土(球根専用の土も良い)

育て方

  1. 鉢底石を植木鉢の底がが隠れるように敷いて、土を2分の1程入れる。

  2. 球根の尖った方を上にして、球根がギリギリ隠れるくらい土をかぶせる。

  3. たっぷりと水を与えて、芽が出るまでは屋外で日当たりが良いところに置き、充分寒さにあてる。

  4. 花が咲いたら、こまめに花殻を取り除く。

  5. 花後に葉が黄色くなってきたら、球根を掘り出す。(2~3年に一度ぐらいで良い)
    球根は、土を落として陰干しでしっかり乾燥させる。

ヒヤシンスの水栽培

次は、ヒヤシンスの水栽培についてです。

用意するもの

・ヒヤシンスの球根 2ケ (重く形の良いもの)
・水栽培の容器 2個 (市販の容器、又は900mlのペットボトルで作る);ペットボトルの底から3分の2で切り取り、蓋の先も少し切って逆さまにはめ込めば完成。
・水

育て方

①ヒヤシンスの球根を容器に入れて、球根の底が水に触れるように水を入れる。(水換えは、2週間に1度)

②光が当たらない屋外の場所で、芽が出るまで寒さに当てる。(1ケ月過ぎると上の写真のように芽が出てくる)

 

④芽が出てきたら、水位を写真のように少し下げて、屋内の明るい日の当たる場所で管理する。(球根が水にずっと触れていると腐ってしまうので)

⑤水かえは、週に一回。(肥料は与えなくても良い)

水栽培を始めて、三か月後の様子。見事に見応えのある花が咲いてくれました。

水栽培のメリットは、
・普段、観察のできない根の成長も見ることが出来る。
・3分の2の期間を室内で育てるせいか、花が咲くのが早い。
・甘い香りも部屋全体に漂っていて楽しめる  でした。

水栽培のデメリットは、
・花が咲き終わると球根が小さくなってしまうので、一年で終わってしまうことです。

もう一つの花が・・・

白色のヒヤシンスだけ、花後に傾いてきたので心配していたら、横からもう一つの花が顔を出し始めました。

思い切って、1つを茎のつけ根から切って花瓶に入れたら、二つの花が楽しめました。

そういえば、白色の球根は赤よりも大きかったです。

 

最後に

今回は、ヒヤシンスの鉢植えと水栽培を同時に育ててみました。

同時に始めたのですが、水栽培は始めて三か月後に花が咲き始めて、土栽培は1ヶ月遅れの開花でした。

どちらも手間はかからず、長く花を楽しめました。

ミックス入りの球根を購入して、それぞれの花色を楽しむのがオススメです。

-球根

© 2021 モルミンの庭