ガザニア|育てやすく鮮やかな花が楽しめる

こんな人にオススメ

・初心者向きで個性のある花が良い。

・長い期間花が咲いて欲しい。

・花言葉を知りたい。

ガザニアの基本情報

 

品種ガザニア
分類キク科ガザニア属
原産国北 アフリカ
植え付け
サイクル多年草
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
鮮やかさ

ガザニアの特徴

ガザニアの花は、晴れた日の日中に良く咲きます。
光が当たると花が開く性質なので、天気が悪いと花が綺麗に開かないです。

丈夫で育てやすいですが、湿気と霜には少し弱いので、梅雨時期は雨の当たらない所、は霜の当たらない所で管理します。

別名:「勲章ギク」とも呼ばれています。
高さ:15~40㎝
花色:白、黄色、オレンジ、赤、ピンクなど
品種:「クレントミックス」「ニューディ」(高さは短かめで、大輪の花が咲く)
   「ソレロ」(耐寒性があり、長時間咲き続ける)

花壇に植えて、グランドカバーとしてもおすすめです。

グランドカバーとは

花壇の空いたスペースを埋めてくれる植物のことです。

上に伸びるタイプではなく、高さが短く横に広がるのが向いています。(他には芝桜、松葉ボタンなど)

ガザニアの花言葉

ガザニアの花言葉は「あなたを誇りに思う」「身近な愛」「笑顔で答える」です。

鮮やかな花色が、見た人を元気にしてくれますね。

ガザニアの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料   月2回   月2回  
開花            

用意するもの

  • ガザニアの苗3株:株がしっかりしていて、つぼみが多くついているもの
  • 植木鉢(直径20cm程あるもの)
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底石を植木鉢が隠れるくらい敷いて土を2分の1程入れる。
    ガザニアの苗を置いて、周りの隙間に土を補充する。

  2. 水やりをして、日当たりの良い場所に置く。(水やりは土の表面が乾いてから。少し乾燥気味に育てる。)

  3. 花が終わったら花がら摘みをする。(ハサミで花茎ごと根元からカット)

ココに注意

・ガザニアの花がら摘みは晴れた日にしましょう。天気が悪いと花が終わりでしぼんでいるのか、天気のせいで花が開かないのか、解りにくいためです。

 

最後に

ガザニアは、丈夫で育てやすく、はっきりとした形と鮮やかな色あいが特徴です。

春から秋まで花を長く楽しむことができるので是非、育ててみてくださいね。

 

 

-多年草

© 2021 モルミンの庭