デンドロビウム| 初めて購入した洋ラン

こんな人にオススメ

・豪華な見応えのある花が好き。

・洋ランを飾りたい。

・長く花を楽しみたい。

デンドロビウムの基本情報

品種デンドロビウム
分類ラン科セッコク属
原産国ネパール、インド
植え付け
サイクル多年草
場所日当たりの良い屋外、屋内
育てやすさ
美しさ

デンドロビウムの特徴

デンドロビウムは洋ランの一種で、豪華で見応えのある花が咲きます。

高さは20~60㎝になり、花色はピンク、オレンジ、黄色、緑色、白などです。

冬は室内、春に気温が10℃以上になれば屋外で管理します。(室内では、暖房のない明るい窓辺に置いていますが大丈夫でした。思っていたよりも、耐寒性もあり、手間がかからないのでお勧めです)

 

デンドロビウムの花言葉

デンドロビウムの花言葉は「華やかな魅力」「わがままな美人」です。

花は胡蝶蘭に似ていて魅力的で、はっとさせられる美しさですね。

 

デンドロビウムの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料   月1回液体肥料      
開花            

用意するもの

  • デンドロビウムの苗 1株:直立に伸びて花芽が多くついているもの
  • 植木鉢(直径15cm程あり深め)
  • 観葉植物の土 (もちろん、洋ラン用の土ならもっと良い)

園芸用品も取り扱っている100円ショップにありました。1株ならこれで充分です。
(わたしは、なぜか日本製の土しか購入しないです)

 

育て方

  1. デンドロビウムの苗より一回り大きな植木鉢に植える。
    周りの空いている隙間に土を補充する。

  2. 水を与えて、日当たりが良い場所に置く。(水やりは7~10日に一回が目安)

  3. 夏は、葉焼けしないように明るい日陰、風通しの良い場所を選ぶ。

  4. 肥料は、やりすぎると花が咲かないので気をつける。

  5. 株が増えてきたら、2年に1度、4月頃に植替えをする。(新芽を傷つけないように注意)

ココがポイント

・室内で管理していると葉が乾燥しやすいので、時々霧吹きで葉に水をかけましょう。・暖房の近くに置かない方が良いです。(高温で乾燥したら、花が早く終わってしまうからです)


病気と害虫予防

葉に黒い斑点ができる:成長には影響がないので、見つけたら取り除きましょう。

ナメクジの害虫:新芽や花芽が害を受けやすいので見つけたら排除しましょう。
・室内では大丈夫ですが、屋外では直接地面に置かないで、植木鉢の下にブロックを敷くとナメクジは発生しにくくなります。
・私の経験では決まった場所に置かないで、植木鉢をよく移動させても発生しにくいです。

 

最後に

このデンドロビウムは、いつも苗を購入しているところではなくて、近くのスーパー偶然見つけました。

何と500円以下で購入できたんです。何枚か葉に黒い斑点があったのと、小ぶりなので安かったのかも・・・

そんなことはどうでもよく、嬉しくてすぐに購入して帰りました。

こんな感じで私の庭は、大好きな植物でいっぱいになっていくんだろうなと思います。

 

 

-多年草

© 2021 モルミンの庭