ネコのヒゲ|育てやすくて、個性的な花姿

こんな人にオススメ

・個性のある花を育てたい。

・花言葉を知りたい。

・暑さに強い花が良い。

ネコのヒゲの基本情報

品種ネコのヒゲ
分類シソ科オルトシフォン属
原産国インド、マレーシア
植え付け
サイクル1年草
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
おすすめ度

ネコのヒゲの特徴

花は、下の部分から順に咲いていきます。

ネコのヒゲは今では、鑑賞用で出回っていますが
元は『クミスクチン』という名の生薬として重宝されていました。

別名:『キャットウイスカー』と言われています。

花色:白、薄紫

高さ:40~60cm

暑さには強くて寒さには弱いですが、病害虫は特に心配ないので育てやすいです。

ネコのヒゲの花言葉

ネコのヒゲの花言葉は「進歩」「貢献」です。

名前の由来は、長く伸びた、おしべとめしべが猫のヒゲに似ていることからきています。

ネコのヒゲの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料   月1回    
開花            

用意するもの

  • ネコノヒゲの苗 2株:葉の数、つぼみが多いもの
  • 植木鉢(直径18cm以上のもの)
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底石を植木鉢の底が隠れるように敷いて、土を鉢の半分程度入れる。
    ネコのヒゲの苗をバランス良く置いて、隙間に土を補充する。

  2. 鉢の底から水が出るくらい水をたっぷり与えて、日当たりの良い場所で管理する。

  3. さし木:茎を上から15cm程度切り取り増やせる。(6月か9月)

  4. 株分け:好きな大きさに分けて、植え替える。(4月)

ココに注意

・乾燥にやや弱くて、高温多湿を好みます。
・水切れをすると枯れてしまうので、気をつけましょう。


ネコのヒゲの花が咲かない

ネコのヒゲの花が咲かなくなるのは、温度が低すぎるからだと思います。
寒さが苦手なために、気温が10℃以下になると花が咲かなくなります。

1年草として扱われることが多いのは、そのためです。

気温が下がってきたら、室内の日が当たる場所で管理すれば、冬越しも可能になりますよ。

最後に

ネコのヒゲは、寒さに気をつければ、育てやすい植物です。

ピン
と長く伸びた、おしべとめしべは名前の通り猫のヒゲそのものですね。

ぜひ育てて、個性ある花姿を楽しんでもらえたらと思います。

 

 

-1年草

© 2021 モルミンの庭