ビオラ|秋から春まで楽しめる人気の花

こんな人にオススメ

・小さな可愛い花が好きだ。

・長く花を楽しみたい。

・ビオラの事を詳しく知りたい。

はじめに

今回は、ピオラです。

ビオラの育て方や花言葉については、下記の記事で紹介しているパンジーとほぼ同じなので参考にしてください。

パンジーの育て方|花色と種類が豊富でガーデニング作りには欠かせない

パンジーの育て方について解説します。

続きを見る

パンジーとビオラの違いは

一般的には、花が5cm以上のものをパンジー、それより小さなものをピオラとされています。
近年では小輪パンジーなどもあり、区別は少し難しくなってきています。

私はどちらも育ててみて、ビオラの方がパンジーよりも花色も多く、丈夫で育てやすいかなと思います。

薄紫、白、黄色、私が全部好きな花色です。

これは『ラビット』と名がついているビオラで他のとは少し花の形も違います。

1株だけ購入したんですが、横に広がって沢山の花が咲いてくれました。

沢山咲かせるコツ

ココがポイント

・種をつけないように、早めに花がら摘みをする。(花付きも良くなり、病気の予防にもなる)
・冬は、できるだけ霜に当てないようにする。
・冬の間で花が少なくなる時期に切り戻して、がっちりした株に育てる。

最後に

ビオラは、パンジーよりも花が小さい分、他の植物と合わせやすいかなと思います。

私は寄せ植えを作る時、色のアクセントが欲しい、反対に同系色でまとめたい時にも、最後にピオラを加えたりします。

冬の寒い時期にも、小さいのに力強いビオラが大好きで、私は毎年のように育てて楽しんでいます。

-1年草

© 2021 モルミンの庭