寄せ植え|好きな花を組み合わせて、庭を華やかに!

2020年11月26日

こんな人にオススメ

・寄せ植えに興味がある。

・花の組み合わせ方が分からない。

・初心者でもやってみたい。

寄せ植えとは?

1つの鉢に何種類かの植物を入れることを、「寄せ植え」と言います。

一見難しそうに思えますが、ちょっとしたコツで簡単に作ることができるので、やり方を紹介していきます。

 

寄せ植えのポイント

1.育て方の似ている植物を選ぶ

一番大切なことは、育て方が似ている植物同士を選ぶことです。

たとえば乾燥気味に育てる花とか、あまり大きく成長しない花とか、特性が同じ植物を選定しましょう。

2.カラーテーマを決める

カラーを決めて花を選ぶと調和の取れた寄せ植えができます。

1色(単色)でまとめる方法から、同系色、反対色、グラデーションなど組み合わせは自由です。

同じ色でも花の大きさや形、花びらの質感などで雰囲気が変わります。

葉色のグリーンをうまく生かすのもポイントです。

3.配置を考える

苗を配置するバランスも重要です。

完成形のシルエットを考えながら、円形(ドーム型)、三角形、横長形、縦長形、扇形などの形を決めていきます。

私は鉢の真ん中に高い苗を、外側に低い苗を植えて、三角形の形になるようにすることが多いです。

 

コンテナ選び

コンテナは、花などを植えるための容器や鉢のことです。

花選びと同じくらいコンテナ選びも大切です。

植える植物の大きさや色、数に合わせてコンテナを選びましょう。

コンテナの色は、白色、土色が多いですが自由で良いと思います。
真っ白な花に白の鉢を合わせるのと、土色の鉢を合わせるのとでは、雰囲気が変わります。色々と試してみてくださいね。

1.コンテナの形

「ローボウル(平丸浅鉢)」です。よく見かける形だと思います。この大きさで30㎝。

初心者の方は、植えやすく花のバランスも取りやすいので、ローボウルから始めるのがお勧めです。

他に横長コンテナ、ポット(深鉢)、ハンギングバスケット、ウォールバスケットなどがあります。

 

2.コンテナの大きさ

鉢の大きさは、鉢の内側の直径を号という単位で表します。

1号は約3㎝で、10号なら30㎝になります。
10号の鉢で植える苗の目安は5~6株です。

最近ではポット苗の大きさを㎝で記載されることが多くなりましたが、まだまだ号の単位を使うこともあるので覚えておくと良いですよ。

 

使用する花

試しに、3つの花を使って寄せ植えを造ってみます。

3つとも育て方(水を控えめにする)の条件が同じで、開花時期や草丈のシルエットを考えて決めました。

背の高い苗を鉢の真ん中に配置して、三角形の型にしていきます。

カルーナ

寄せ植えに人気の、ピンク色のカルーナです。

鉢の中心に置きたくて1番に購入決定!

 

プリムラ・ポリアンサ

プリムラ・ポリアンサです。

カルーナのピンクに合わせて優しいピンクを選びました。

 

パンジー

パンジーです。

きれいな紫色が気に入って最後に決定。

 

寄せ植えの作り方、育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料月2~3回      月2~3回
開花            

用意するもの

  • カルーナの苗:1株、パンジーの苗:2株、プリムラの苗:2株
  • 円形の鉢(直径25㎝の浅いもの)
  • 鉢底石
  • 市販の土

作り方

  1. 円形の鉢に鉢底石を底が隠れるくらい敷いて、土を2分の1程入れる。

  2. 苗をポットから取り出す前に鉢の中で並べて、全体の配置を考える。

  3. カルーナの苗を真ん中に、左右にプリムラを置き、最後に紫のパンジーを上下に置く。

  4. 空いている隙間に土を補充する。株元を軽く手で押さえておく。

  5. 水をたっぷりと与えて、2日程軒下などに置き、その後日当たりの良い場所に移動させる。

  6. 花殻はこまめに取りのぞく。

ココに注意

・寄せ植えは、できるだけ丁寧に植えましょう。
・水はやりすぎないように土の表面が乾いてからにしましょう。


最後に

真ん中に少し高さのある植物を置いて、周りに低い花を植えることで、360度どこから見てもきれいな寄せ植えが出来上がります。

気に入った植物や色で寄せ植えをつくり、玄関まわりやベランダなどに飾って楽しんでくださいね。

 

-寄せ植え

© 2021 モルミンの庭