サクラ(桜)|姫路城とサクラ、美しさ再発見!

こんな人にオススメ

・サクラの種類を教えて欲しい。

・お城が大好きだ。

・サクラの花言葉を知りたい。

サクラの特徴

日本では花見と言えばサクラで、春を象徴する花です。

サクラは、バラ科サクラ属で3月~4月に花を咲かせます。
花色は、白、ピンクです。

サクラは、日本神話に登場する女神『木之花咲耶姫』(きのはなさくやひめ)が、富士山から種をまいて、全国に広めたと言い伝えがあります。

今回は、姫路城に花見に行ってきました。
サクラと姫路城を一緒に写真に撮りたくて、お城の周りを歩いてみました。

 

姫路城とサクラ

姫路城は、兵庫県姫路市にある日本の城です。

江戸時代初期建てられた天守の主要建物が残されていて、国宝や重要文化財に指定されています。

別名:『白鷺城』とも呼ばれています。(シラサギが羽を広げたような白く美しい様子からつけられた名前)

まだサクラは咲いていない場所もありましたが、天気が良くて姫路城がとても美しく映えていました。

 

左、後方にかすかに見えているのが、姫路城です。

まだ少ししか咲いていない場所でしたが、サクラと姫路城がいい感じに撮れました。

姫路城の外を歩いてて見つけた『姫路神社』です。

後ろの方で白っぽいのがサクラです。私が好きな景色です。何だか心が落ち着きます。

姫路城の堀に咲いていたサクラ。水面に写っている花姿も綺麗でした。

姫路城には、何度か行ったことがあったのですが、今回初めて姫路城の外を1週歩いてみました。

まだサクラが満開ではなかったのですが、何処から写真を撮っても姫路城もサクラも美しかったです。

 

サクラの種類

ここからは、サクラについての豆知識です。

  • ヤマザクラ       ;明治時代半ばまで、日本の桜の代表でした。
  • ソメイヨシノ(染井吉野);現代は、日本の桜の80%を占めています。
  • オオシマザクラ     ;葉は桜餅に利用されています。
  • カワズザクラ(河津桜) ;伊豆の河原町で発見されたもの。
  • エドヒガン       ;長寿の大木は、この種類が多いです。

ソメイヨシノの名前の由来

日本のサクラの名所の8割を占めるのはソメイヨシノです。(姫路城のサクラも、ほとんどがこれです)

江戸時代後期に東京の染井村の植木職人たちが作ったことから、この名前が付けられました。

エドヒガンとオオシマザクラの交配で日本で生まれた花木です。

 

サクラの花言葉

サクラの花言葉は「精神の美」「優美な女性」です。

可憐に咲き、いさぎよく散っていくことから、花のある美人を連想させる花言葉がついています。

 

最後に

サクラは、日本の春を代表する花です。

今回、姫路城へ行ってサクラの美しさを再発見しました。

他の多くの花とは違って、枯れてから散るのではなく綺麗なまま散っていく花姿が、日本人に長く愛されているのかもしれません。

 

-多年草

© 2021 モルミンの庭