ジャガイモ|いろんな料理に使えるすぐれもの

こんな人にオススメ

・狭いスペースだけど、家庭菜園がしたい。

・自分の手でジャガイモを育ててみたい。

・収穫の喜びを味わいたい。

ジャガイモの基本情報

品種ジャガイモ
分類ナス科ナス属
原産国南アメリカ
植え付け種イモ
サイクル1年草
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
家計助かり度

ジャガイモの特徴

ジャガイモは、他の野菜と比べて収穫後長く保存できる野菜です。

いろんな料理に使えて種類も豊富なので、少しだけ紹介します。

ジャガイモの種類

ダンシャク:ほくほくした食感で、いろんな料理に向いている。

メークイン:煮くずれしにくく、煮物に良い。

キタアカリ:煮くずれしやすく、サラダやコロッケに適している。

インカのめざめ:甘みとねっとりとした食感。黄色い色が特徴でレストランなどで使われている。

ジャガイモの栄養価

ジャガイモは、穀物として欠かせない食べ物です。(煮込み料理はもちろん、コロッケや、ポテトチップスなどの加工食品にも使われます)

ビタミンⅭ、カリウムなどの豊富な栄養を含んでいて、高血圧予防、動脈硬化予防にもなります。

ただ、発芽した芽や緑色の部分は食べない方が良い。『ソラニン』と言う有害物質が含まれているからです。

ジャガイモの育て方

作業時期

春と秋がシーズンですが、育てやすい春植えから始めるのがオススメです。


時期1月23456789101112月
植え時            
肥料            
収穫            

用意するもの

  • 種イモ6個: 種類は、ダンシャク 3個。メークイン 3個(少し芽が出ているものを購入する)
  • 土のう袋:6袋(今回は、袋で栽培します) プランターの場合は横幅65㎝X3(2個づつ植えるので)
  • 市販の土(または、野菜用の土)

育て方

ジャガイモ栽培は初めてです。畑のような広い場所がないので、袋でダンシャクメークインの2種類を育ててみました。

少し芽が出た状態で植えます。(芽が出ていなければ、出るまで待ちます)

まずは袋を3分の2くらいの高さで上部を折り返して、土を半分程度入れます。

種イモを切らずに土に置き、5~6cm土をかけ水をやりをして、日当たりの良い所で管理します。(次の水やりは、土が乾いてから)

植えてから、20日後の画像です。少し芽が出てきました。

1ヶ月ほどたつと、芽が10cm以上伸びてきました。

何本か出てくるうちの元気な芽を1~2本残して、ほかの芽を抜き取ります=(芽かき) 画像は芽かきをして、2本だけ残した状態です。

芽かき後に、土の両端に肥料を入れて新しい土を足します=(土寄せ)

植えてから、2か月たちました。

花のつぼみが見えてきたら、二回目の肥料を入れて同時に土も足しておきます。

花が咲き終わり画像のように葉が黄色くなったら、待ちに待った収穫時期です。(種類にもよりますが、植えてから100日前後です)

収穫が遅れると、イモが腐ってしまうので注意しましょう。

掘り上げは晴天が2~3日続いた後にします。
表面を2~3時間乾かしてから、冷暗所で保存します。

ココがポイント

・植え付けの時に、種イモを切って植えると腐りやすいので、初心者の人は、小さめの種イモを切らずに植えるのが良いです。


ジャガイモがうまく育たない

ジャガイモが、上手く育たなかったときは、次の事をチェックしてみてください。

  • 植える時期を間違えた。(種イモの芽が出ていないのに植えたなど)
  • 芽かき、または土寄せをしていない。
  • 水のやりすぎか、水はけの悪い土で、種イモが腐ってしまった。

私は、少し水はけが悪かったようで、掘り上げたら種イモが腐っているのがありました。

(袋をコンクリートの上に置いていたので、下に『すのこ』でも敷いておけば良かったです)

ジャガイモの生産地ランキング

気になったので、ジャガイモの生産量の多い地域を調べてみました。(2020年調べ)

1位;北海道  全国生産の77%
2位;鹿児島県 全国生産の 4%
3位;長崎県  全国生産の 4%

順位は予想通りでしたが、北海道でジャガイモ全体の8割近くが生産されているのって凄いなあと思いました。

ちなみにポテトチップスの材料に使われるのは『トヨシロ』というジャガイモが多く、一般にはあまり出回っていないそうです。

最後に

今回は初めて、袋を使ってジャガイモを栽培してみました。

育てるのは難しくはなかったけれど、たくさん収穫するのには、まだまだハードルが高いなと感じました。

ジャガイモは、春と秋に2回植え付けができますが、春から始めた方が良いと思います。
(秋から植えると、冬の寒さでジャガイモが大きくなりにくいからです。)

 

 

-根菜

© 2021 モルミンの庭