アリッサムの育て方|可愛い小花は寄せ植えにピッタリ

2021年1月23日

こんな人にオススメ

・小花で愛らしい花が好き。

・安価で手に入りやすい花が良い。

・寄せ植えに向く花を知りたい。

アリッサムの基本情報

品種アリッサム
分類アブラナ科アリッサム属
原産国西アジア、北アフリカ
植え付け
サイクル一年草
場所日当たりの良い屋外
育てやすさ
愛らしさ

アリッサムの特徴

アリッサムは、枝先に小花がびっしりと咲いて、花束のようにこんもりとした姿が何とも愛らしい花です。

草丈が10~15cm程と低いので、花だんの縁取りや寄せ植えにオススメです。

花色は、白、赤、濃い紫、黄色などがあります。

安価で手に入りやすく、生育が良いことでも人気があります。

アリッサムの花言葉

アリッサムの花言葉は「優美」「飛躍」「奥ゆかしい美しさ」「美しさをこえた価値」です。

私の好きな花言葉ばかりです。

 

アリッサムの育て方

作業時期

時期1月23456789101112月
植え時            
肥料  月1回   月1回
開花            

用意するもの

  • アリッサムの苗 2株:こんもりと盛り上がり葉がみずみずしいもの
  • 植木鉢(直径15cm程あるもの)
  • 鉢底石
  • 市販の土

育て方

  1. 鉢底石を鉢の底が隠れるくらい入れて、土を2分の1程入れておく。
    アリッサムの苗を少し間隔を開けて置き、周りの隙間に土を補充し株元を軽く手で押さえる。

  2. 水を与えて、日当たりの良い場所に置く(乾燥気味に育てる)

  3. 種をつけると株が弱るので、咲き終えた花から順に摘み取る。

  4. 花姿が乱れてきたら、花が全部終わってから5cm程に切り戻しををすれば長く楽しむことができる。

ココに注意

・冬の寒さにも比較的強いですが、最低気温が0度以下になるようなら、フレームか室内で育てましょう。


アリッサムの病気と害虫予防

苗立枯病;温かくなり株元や土が過湿になるとなりやすい。(水の与えすぎが原因かと思います。水やりは土の表面が乾いてからにしましょう)

害虫;アブラムシ,ハダニが発生する。(風通しが悪いと発生しやすいです。見つけたら取り除き、置き場所を変えてみましょう)

できるだけ毎日、花を観察するようにすれば早期発見ができて良いですよ。

 

最後に

藤色のビオラ(スカイクリスタル)と一緒に寄せ植えにしてみました。
他にも、パンジーやストック、カレンジュラなど秋から春まで咲く花とよく合います。

アリッサムは横に広がっていく性質を持っているので、花壇や寄せ植えの花としてなら前列に植えるのが良いかと思います。

 

 

 

 

-1年草

© 2021 モルミンの庭