伊丹昆虫館(チョウ温室)|目の前をチョウが舞い、熱帯の花や木が茂る温室(兵庫県)

こんな人にオススメ

・温室の花に興味がある。

・自由に飛びまわる蝶を見てみたい。

・昆虫館の事も知りたい。

はじめに

(昆虫館?)「昆虫は、好きではないんだけど」と思っている方も多いかと思います。

実は私もその一人でしたが、伊丹昆虫館に『チョウ温室』があると聞いて行ってきました。

それでは、詳しく案内していきます。

伊丹昆虫館について

伊丹昆虫館のコンセプト

 私たちの身近に暮らす昆虫たちとふれあい親しむことで多様な生命に気づき、自然の大切さや環境の変化を感じる人をそだてる
 

これが、伊丹昆虫館のコンセプトです。

中に入ると、展示室、学習室、映像ホール、チョウ温室などがあります。

オリジナリティーあふれる展示で、(大人も子供も楽しめるように工夫している)なあと思いました。

兵庫県の阪急伊丹駅かJR伊丹駅で降りて、バスで15分程「松ヶ丘」で下車します。

この写真はバスを降りてすぐ目の前にある昆陽池(こやいけ)公園です。
ここでは、さまざまな野鳥が観察できるそうです。

私は、野鳥に出会えなくて残念でした。

バスを降りてから、徒歩12分程で伊丹昆虫館に着きます。

このアーチをくぐり、しばらく進んで行きます。

昆虫館が見えてきました。

緑のテントの左側にあるのが入り口。
正面奥に見えている白い建物が『チョウ温室』です。

では、中を案内します。

中に入り少し進んでいくと、大きなミツバチが目に止まります。
『ビック・ビー』という名前がついていて大きさは、なんと200倍。

これだけ大きいと体のつくりが良くわかりますね。

チョウ温室

続いて、チョウ温室に入って行きます。

一年中、約14種類800匹~1000匹の蝶が放たれているそうです。

半数くらいは沖縄地方が故郷のチョウで、その他は伊丹にも生息する身近なチョウです。

入る前に、こんなパネルが出ていました。
温室に入る前から、何だかワクワクしてきました。

温室を入ったところです。
思っていたよりも中は、暑くなかったです。

さっそく、チョウがいました。
ハイビスカスの花に身体ごと入って、蜜を吸っているように見えます。

『オオゴマダラ』です。ひらひらと優雅に飛んでいました。
温室の中で一番たくさんいたチョウで、そばまで寄ってきて身体に止まったりしてくれました。

天井までの高さが15mあり、温室の広さは600㎡です。
気温は一年中18℃以上に保たれています。

『クロアゲハ』です。美しい姿ですね。

右が『クロテンシロチョウ』 左が『ツマベニチョウ』です。

温室の花や木も、きれいに手入れしていて見応えがありました。

『リュウキュウアサギマダラ』です。

『カバタテハ』です。私が見ている間、ずっと動かずにいました。

チョウの種類によって、好みの花があるみたいです。

『みつ皿』に蝶が並んでいました。みつ皿にはハチミツを薄めたジュースが入っているそうです。

こんなに近づいて、蝶を見ることは初めて。
カメラを近づけても逃げないので、2ショットが撮れました。

出口付近です。
出口は二重扉になっていて、チョウが温室外に出ないように工夫がしてありました。

その他の展示紹介

そのほかにも、印象に残っているのを少し紹介します。

世界最大のカブト虫『ヘラクレスオオカブト』です。
本当に大きくて存在感がありました。

これは、期間限定の特別展でした。

伊丹で見られる昆虫から、世界の珍しい昆虫までさまざまな標本がありました。

見たこともないようなばかりでしたが、どれを見ても珍しくて楽しめました。

展望台

4階まで行くと展望台があり、見下ろすと太陽光発電パネルが見えました。

チョウの形をしていたのには、驚きました。

最後に

入館料は、大人400円です。中高生200円で、3歳~小学生が100円と安いです。

所要時間は、60~90分くらいだと思います。

花が大好きな私は、温室の花を撮りに行ったのですが、気が付けば蝶の写真の方が多く撮っていました。
カメラを近づけても逃げなくて、人懐っこい蝶もいました。

昆虫や生き物に親しむことができる館内は、見どころがいっばいでした。

私の一番のお勧めは、チョウ温室です。ぜひ一度訪れて見てくださいね。

-その他

© 2021 モルミンの庭